犬の癌を治療しよう|対策や予防方法について知る

犬

病気の原因と治療

dog and cat

癌とは悪性腫瘍ともいう、細胞の異常増殖する病気です。発生した場所の組織層を超えて広がり、健康な組織内にまで増殖したり、別の場所に転移して増殖を繰り返す病気ですが、人間だけではなく犬などもかかるという特徴があります。犬の癌の原因はさまざまで、老化によって異常分裂する細胞の数が増えたり、放射線や紫外線に当たることで細胞内のDNAを傷つけてしまう、ウイルスに感染してしまう、ホルモン異常、遺伝などが考えられます。癌になってしまうと、体重が減少し、食欲不振になったり、リンパ節が腫れたり、ふらつくなどの貧血症状、運動を嫌がる、原因不明の微熱が続いたり、触るとしこりができていたりするなどの症状が現れてしまいます。

犬の癌も近年では早期発見、早期治療を行なうことによって延命することができるようになっています。犬の治療方法の種類もさまざまで、がん細胞を除去する外科手術は、副作用が少なく、短期間で腫瘍を取り除くことができますが、運動機能や外見を損なってしまう可能性があります。化学・薬物療法は、がん細胞だけが持つ物質などをターゲットにして抗がん剤を投与していきます。がん細胞の抑制して生活のしいつを維持することができますが、脱毛などの副作用があったり、長い期間行なうと治療効果が薄くなります。放射線治療は体外や体内から患部に放射線に照射します。効果が高く、手術では対処できない脳や心臓などにも効果がある反面、全身麻酔が必要でコストが高いということが特徴です。