犬の癌を治療しよう|対策や予防方法について知る

犬

早めの発見が重要

dog and cat

犬も人間同様癌になります。その原因としては、老化や紫外線、受動喫煙、遺伝などがあります。犬は人間のように定期的に健康診断をすることがあまりなく、口で違和感を伝えられないので、かなり進行してから発見されることも多いです。そのため、犬の状態がおかしいと感じたら早めに検査してもらうのが早期発見には重要です。癌になると、正常な細胞が癌細胞に栄養をとられて栄養不足になります。また、しこりができることもあります。そのため、疲れやすい、食欲不振、食べるのが遅いという症状や、しこりを感じたり、なにかできものができていたり、皮膚が変色したり、痛がったりします。部位によって症状は様々なので、よく観察して異常を発見したら早めに病院につれていくとよいでしょう。

近年では、ペットの存在感が増してきているため、以前よりも手厚いケアをしたいと考える飼い主が増えてきています。そのため、かつては犬が癌になり治療にかなりのコストがかかる場合には特に治療をしないことも多かったのですが、近年では様々な治療を施してやるという人が増えてきています。人間同様、手術や抗癌剤治療、放射線治療、免疫療法などあらゆる手を尽くすという人も少なくありません。ペットに保険は基本的にかからないのですべて実費であるにも関わらずです。このようにペットの存在の意義が増している理由として、孤独感や寂しさを感じる人が増えているという社会的背景が考えられます。そうした心の穴を埋める存在としてペットの存在感が増しているため、治療に全力を傾けるという人が増えてきていると考えられます。